【激エロ】お年玉でお姉ちゃんを買ってみた。

晶のエンコー相手は弟のタクヤだった!?
衝撃の事実から始まる漫画ですが、さらに驚かされるのがエンコーを持ちかけたのはタクヤだったという点。
女の子に興味を持ち始めたタクヤはエッチな事がしたくてたまらないのです。
しかし、クラスメイトにお願いしてもヤられせくれるはずはなく、日々悶々としていたのです。
そんな折、ネットで女子高生はエンコーしているという情報を見つけます。
ちょうど都合がいいことにタクヤのお姉ちゃんも女子校生です。
タクヤは、それならばお姉ちゃんもエンコーしているはずだという短絡的な答えを導き出します。

しかも、晶は休日も学校の制服を着てごろごろしていたのです。
本当は単に服を選ぶのが面倒なので、そこそこ見栄えのする制服を着ているだけなのですが、タクヤにとってはいつでもエンコーに行けるよう準備をしているように見えてしまいます。
つまり、タクヤにとってはお姉ちゃんが制服を着ているイコールお姉ちゃんを買ってもいい状態なのです。
そんな結論を導き出したタクヤはすぐにお姉ちゃんの部屋に向かっていきます。
そして、お姉ちゃんを買ってしまうのです。
タクヤはバイトもできないのでお金はためていたお年玉から捻出します。
お年玉でおねえちゃんを買ってみた。のタイトルはここからきているんですね。
さて、タクヤから買われてしまったお姉ちゃんですが、お姉ちゃんはお姉ちゃんでちょっとした企みがあったのです。
それは、ネジの外れたタクヤからお年玉を巻き上げちゃおうというもの。
おねえちゃんから見れば、カモがネギをしょってきたように見えるのでしょう。
ちょっとからかってお金を取れるなら楽すぎる話です。

いろいろぶっ飛んだ姉弟ですが、やることもぶっ飛んでいます。
ふたりとも抵抗感なくヤリまくっています。
もちろん、お姉ちゃんをタクヤのお年玉目当てなので、そこまでがっつきはしませんが・・・
実はおねえちゃんには彼氏もいるのですが、そんなことはお構いなしです。
それどころか、彼氏との電話中にタクヤとやってしまったりと、姉弟揃って自由奔放すぎます。

この生き急ぐ姉弟の結末が気になりますが、完結まではもっともっと激しくなりそうな予感がします。
発売されている話だけでも十分すぎるほどエロいのですが、今後の期待も込めて「激エロ」です。